文部科学省はじめ関係各位のお力添えをいただき第28回全国専門学校軟式野球選手権大会が
「晴れの国・岡山」で今年も無事開催されます事を連盟会長としてたいへん嬉しく思っております。

本大会は平成元年に発足以来、地区ごと選抜された代表校による熱戦を継続し、連盟の歴史と伝統を作り上げてきております。

専門学校の厳しいカリキュラムの中、課外活動として野球を戦い抜き、地区の代表を勝ち取るまでには容易ならぬ苦しみと楽しみがあったことと思います。それぞれ晴れて代表の権利を取得し参加された出場選手の皆様に心よりお祝いを申し上げます。

代表選手には専門学校に入学したことに誇りを持ち、在学中の良き思い出として悔いのないよう戦い、しっかり母校に報告できる大会にして頂きたいと願っています。

本大会の主旨にご賛同いただきました出場校の理事長先生ならびに学校関係者の皆様に感謝申し上げるとともに文部科学省をはじめお力添えを頂きました関係各位の皆様に厚く御礼申し上げご挨拶といたします。

ごあいさつ

第28回全国専門学校軟式野球選手権大会の開催にあたり、全国専門学校体育連盟を代表して一言ご挨拶申し上げます。
 本年は、リオ・オリンピック、パラリンピックで日本選手団の活躍が報道され、改めてスポーツの素晴らしさと感動を与えてくれました。また、2020年東京オリンピック、パラリンピックで野球・ソフトボール競技が正式種目に選ばれたことを大変うれしく思います。
 専門学校体育連盟では、専門学校に学ぶ学生諸君が、スポーツを通じて協調性の高い魅力的な人間性を育むために努力する学生諸君に、その活躍の場と目標になる環境を整えるよう努めております。
この様な目標のもと、本年も文部科学大臣杯をめざして全国専門学校軟式野球選手権大会が、昨年に引き続き「晴れの国」岡山県倉敷市営野球場・水島緑地福田公園野球場を舞台に盛大に開催されますことを大変喜ばしく誇りに思います。
 本大会も年を追って選手の競技力も向上し、活気と熱気に溢れた素晴らしく充実した大会となりました。出場する選手諸君は、厳しい地区予選を勝ち抜いてこられた代表であると共に、母校の名誉と専門学校生としての誇りと自覚を胸に日頃の厳しい練習の成果を存分に発揮され、文部科学大臣杯を目指し健闘されます事を期待しております。
 最後になりましたが、本大会開催にあたり、ご後援・ご協賛賜りました文部科学省・教育委員会はじめ、関係各位に衷心より厚く御礼申し上げますと共に、役員の先生方のご尽力に深く感謝申し上げます。
 終わりに、本大会のご成功と岡山県専修学校各種学校振興会のますますのご発展をお祈り申し上げご挨拶といたします。

朝日新聞社 ブランド推進本部長補佐 兼CSR推進部長    小原 洋 氏

 

 第28回全国専門学校軟式野球選手権大会の開催にあたり、まず、全国各地の予選を勝ち進んで来た20チームの皆さまに、ご出場のお祝いを申し上げます。

朝日新聞社は、スポーツや文化などを通じて若い世代の取り組みを応援する事業をたくさん展開しております。特に野球では、皆さまの中にもいずれかの大会に参加、出場された方もいらっしゃると思いますが、「夏の甲子園」で知られる全国高校野球選手権大会の主催者として、また全国高校野球軟式選手権大会では後援する立場として、それぞれ関わりを持たせていただいております。

専門学校で学ばれている皆さまは、ご自身のそれぞれの進路を見据えて、専門分野の知識や技術を着実に学ばれているのだと拝察しております。そうした日々の中、野球にも打ち込み、今回の全国大会までコマを進めて来られたことに、あらためて敬意を表します。この全国大会へ勝ち上ってくるまでには、ご家族の支え、応援に背中を押され、指導者、学校の皆さま方にもたくさん、お世話になってきたことだと思います。周りの人々に見守られ、支えられて野球を続け、ここまで来たことを胸に、最後まで精いっぱい闘って下さい。同じチームの仲間とともに試合を楽しむのはもちろんですが、野球を介した他校の仲間とも親睦が深められるような機会となれば、と思っております。

結びに、大会の開催にあたり、ご尽力いただいた全国専門学校体育連盟、全国専門学校野球連盟ほか関係各位に敬意を表して、ご挨拶といたします。

                                祝    辞

公益財団法人全日本軟式野球連盟   会長  木下宗昭 氏

全国各地の予選大会を勝ち抜いた精鋭20チームを迎え、第28回全国専門学校軟式野球選手権大会が、岡山県において盛大に開催されますことは、誠に喜ばしい限りです。

選手の皆様、ご出場おめでとうございます。

ここに集まられた皆様は、しっかりとした目標を持ち、将来への夢と希望を抱いて、専門的な知識と技術を身につけるために、それぞれの分野で勉学に勤しみ、本大会の出場を勝ち取られたことと、そのご努力に対し、深甚の敬意を表します。

本大会では、これまで仲間と共に厳しい練習で培った技術とチームワークを充分に発揮され、母校の栄誉のため、正々堂々と試合を展開し、日頃から皆さんを支えて下さっている、指導者、ご家族をはじめ、応援して下さる全ての方々に、多くの感動を与えてくれる事を期待しております。

また、この機会に、全国から集まった仲間と交流の輪を広げ、かけがえのない時間を過ごして頂きたいと願っています。

終わりに、大会の開催にご尽力された関係各位に敬意を表しますとともに、大会の成功を祈念しお祝いの言葉といたします。

祝    辞

祝   辞

 

 

    岡山県知事 伊原木 隆太 

 

 第28回全国専門学校軟式野球選手権大会が、ここ「晴れの国おかやま」で盛大に開催されますことをお喜び申し上げます。また、全国各地区の予選を勝ち抜いてこの地に集われました選手、役員並びに応援団の皆さまを心から歓迎いたします。 

 岡山県では、すべての県民が生涯にわたり、スポーツに親しみ、スポーツを楽しみ、そして、スポーツを支え、育てる活動に参加できる環境を整えることにより、スポーツを通じた人づくり、健康づくり、地域づくりの輪が広がり、夢と勇気、感動を創出できる「スポーツ立県おかやま」の実現を目指しています。

 このような中、全国大会を目指して厳しい練習を重ねられ、栄えある出場を勝ち取られた選手の皆さまが、ここ岡山の地に一堂に会し、熱い戦いを繰り広げられますことは誠に意義深く、本県のスポーツ振興に大きく寄与するものと期待しています。

 参加される選手の皆さまにおかれましては、日ごろの練習の成果を存分に発揮されますとともに、交流の輪を広げられ、心に残る素晴らしい大会になりますよう念願いたします。

 また、本県には、日本三名園の一つである岡山後楽園や白壁の町・倉敷美観地区、古代のロマン漂う吉備路などの見どころも多くあり、山海の幸にも恵まれています。ぜひこの機会に岡山の豊かな自然や文化をご堪能いただければ幸いです。

 結びに、本大会の開催に当たりご尽力されました全国専門学校体育連盟、全国専門学校野球連盟をはじめ、関係各位に深く敬意を表しますとともに、本大会のご成功を心より祈念申し上げ、お祝いの言葉といたします。

祝   辞

 

 

             文部科学大臣  松 野 博 一 氏

 

第28回全国専門学校軟式野球選手権大会が、盛大に開催されますことを心からお喜び申し上げます。

 

全国各ブロックの予選を勝ち抜き、晴れて本大会への出場を果たされた選手の皆さん、誠におめでとうございます。選手の皆さんは、専門学校において実践的な勉学に励む中で、厳しい練習を重ねてこられたことと思います。本大会では、日頃の成果を存分に発揮していただくことを期待いたします。

本年は、2016年リオデジャネイロオリンピック・パラリンピック競技大会での日本選手団の活躍、また、初めてのオリンピック・パラリンピック合同によるメダリストパレードが実施され、4年後の2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会に向けて、国民のスポーツへの関心がより一層高まっています。文部科学省としても、日本代表選手の活躍に向けた選手強化をはじめ、学校や地域におけるスポーツの機会の更なる充実などに取り組んでいるところです。

皆さんには、引き続き、日々の学習に励みながら、スポーツの楽しさや意義・価値についても改めて実感していただきたいと思います。

結びに、本大会開催にご尽力された全国専門学校体育連盟をはじめとする関係者の皆様に深く敬意
を表しますとともに、本大会の御成功と今後のますますのご発展を祈念して、お祝いの言葉といたします

第5代
全国専門学校野球連盟
会長  関 川 惠 一

全国専門学校体育連盟
会 長 青 木 靖 明  氏

NEXT

ごあいさつ